よくあるご質問

Q1:どのような症状の方が通われていますか?
「首こり、肩こり、五十肩、膝痛、変形性膝関節症、腰痛、座骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、眼精疲労、耳鳴り、こむら返り(ひきつり)、足腰のだるさ。また、育児疲れ、仕事疲れ等で とにかく固まった筋肉をもみほぐしてもらいたい!!という方が多く通われています。」

Q2:どのコースを選べばいいですか?
「ご来院の際に問診をさせて頂くので、どのコースを選んだらいいのか分からない方はご相談下さい」

  コース・料金はこちら 

Q3:施術の時に着替える必要はありますか?
「いいえ、必要ありません。また、どのような服装でお越しいただいてもかまいません。ただし、鍼灸治療を希望する場合、治療してもらいたい部位が出せる服装でお願いします」

Q4:鍼は痛いですか?
「基本的に痛くないものです。しかし、鍼特有の感覚(ひびき)を痛みと感じる場合があります。 鍼通電(鍼に電気を流す)では心地良くて眠ってしまう患者様もいらっしゃいます」

Q5:鍼は効きますか?
「日本だけでなく、世界的にもその効果が科学的に認められています。 WHO(世界保健機関)では、鍼灸は疾病に対して治療効果があるとして、適応疾患を発表しています」

Q6:鍼での感染症は心配ありませんか?
「当院では、ディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用しています。 一回使用毎に廃棄し、使用済みの鍼を使い回す事はありません。 また、消毒もしっかり行いますので衛生的にも安心です」

Q7:お灸は熱くありませんか?
「 若干の熱さを最後に感じることがあります。 疾患にもよりますが、基本的にはポカポカして心地良い温かさで治療致します」

Q8:お灸にはどんな効果がありますか?
「熱刺激によって、白血球や赤血球の増加が認められており、免疫力が高まり体質改善になります。
また、血流の改善が期待できますので、肩こりにも効果的です」

Q9:お灸でやけどをすることはありますか?
「間接灸という直接肌にあてないお灸を使用したり、また、皮膚にテープを貼りその上に もぐさを米粒くらいの大きさにして燃やしますので、やけどの心配はありません」

Q10:施術後に注意することは何ですか?
「以下の事をお控えください。
1、激しく体を動かす事。
2、過度の飲酒。過度の飲酒は治療効果を下げてしまいます。
3、施術後すぐの入浴。二時間は空けた上軽めの入浴をおすすめします。」

Q11:どのくらいの頻度で受診するのですか?
「鍼灸治療、整体治療ともに、治療効果をより確実にするために、初回から4~5回目までは1週間に1回程度と、なるべく間隔を空けずに来院することを提案しています。症状が改善した後や健康管理の一環として受診される場合は、2~4週間に1回程度の来院をお勧めします」